スポーツカー 事故

スポーツカー 事故

日本のスポーツカーの事故で一番多いのが、前方の車に気づくのが遅れて追突をしてしまうことだそうです。
時速60キロくらいで走っていれば何かあっても回避できる事故でも、スポーツカーでは60キロで走っていることなんてまずありませんがら大きな事故につながってしまうわけです。

 

高速道路を120キロくらいで走行しているとき、後ろからパッシングされる時があります。
すぐに左に避けるのですが、直後にものすごいスピードでスポーツカーが追い抜いていくんです。
その光景を見て(自分のことは棚に上げて)スピード違反じゃないの?なんて思う自分がいます(笑)

 

自分の車でも120キロくらいは出ているのにそれを遥かに超えるスピードで追い抜いていくんだからちょっと悔しい気持ちにもなっちゃうんですよね。

 

ただ、そんなスピードで走っていくもんだからちょっとの操作ミスですぐに大きな事故につながるんですよね。
運転をする人なら経験があるかと思いますが、60キロで走っている時と100キロで走っている時って、景色の流れ方はもちろんハンドルの切れ方もぜんぜん違いますよね。
それが倍の200キロ前後で突き抜けていくんだから景色もハンドルも桁違いの動きをすると思うんです。

 

もちろんそんなスピードで事故るから車もほとんどが大破…
自分もスポーツカーに憧れは持っていますが、今まで写真以外の現実で見たのはほとんどが事故にあって走れなくなったスポーツカー…

 

見た目も性能も他の車とは桁違いなのはわかりますが、もっと安全にスポーツカーを楽しんでもらいたいものですね。