自動車税

自動車税

車を利用しているという方にとっては、自動車税というものは非常に身近に感じていることと思います。そういった中で、あまりよくシステムがわかっていないという人もいるでしょうから、この自動車税について少し説明したいと思います。まず、自動車税として広く認知されているのは、地方税として徴収されている税金で、軽自動車(5ナンバー)であれば7200円という安い金額で済むということが特徴の一つとなっています。基本的に、自家用なのか業務用なのかで同種の車であっても価格が異なり、業務用の車種の方が自動車税が安く設定されています。ではどういった計算方法なのかというと、排気量で計算されていて、1.5リッター車であれば34,500円3.5リッター車であれば58,000円となっています。これが6リッターを超えると自家用で111,000円もの自動車税を毎年おさめることになります。最近は関連団体が、この自動車税制度の廃止といった動きを活発におこなってはいますが、近々この自動車税が無くなるということは期待できないようです。ちなみに世界的にみても日本の自動車税は高いといわれていて、アメリカの10倍以上を支払っているといわれています。