買取りと下取り

買取りと下取り

例えば、車を売りたいと思う時、調べていると買取りと下取りという言葉を見かけますね。どう違うんでしょうか?まず下取りとは、法律用語的には新しい商品を買うことを条件に、それまで使っていた古い商品を買い取る契約のことです。車の取引に関して言えば、新車、中古車をその店で購入することを目的として自分の車を引き取ってもらうことです。一方、買取りとは、そのお店で新車、中古車を購入することとは関係なく、自分の車を売却することです。それぞれのメリット、デメリットを知っておくのは大切ですね。下取りのメリットは、値引きしてもらえなかったとしても下取り価格の方で調整してもらえる、売るのも買うのも同じ店だと手間が省けるというこたがあります。デメリットとして、他店で高額評価されても、下取り価格には反映されにくいという事です。買取りのメリットは、いくつかの店を比較して一番高いところを自分で選べる点があります。またその店が得意としている車種などは高く買い取ってもらえます。デメリットとして、相場の変動に敏感なので、査定が低めの設定になりがちという事です。それぞれ良し悪しがありますね。これらの点を比較考慮して、最も満足のいく額で売却したいものですね。